クラークスの底取替えです。

この靴は ウレタン材のカップ式靴底で、ドイツ靴にはよくあるタイプなのですが 

靴底の下ではなく 横に縫い目があり

この靴のように 底と糸目が切れてしまうと 直しようもない靴で

                            今までは 断っていました。

02196adb2c64f22763b851d79b561cd20e86f1e3895fd722f2b1384745d9bfb6

しかも、アッパー(上のデザイン)と底を取り外すと

中底(靴内部の底)がないため

形がまとまらなくなってしまう恐れがあります。

11c5d955327abde1c093a33ee7ddfb6c8c6d016adfa00cca5df08773d73e3c2b

硬質スポンジ材で 縫い合わせて形成しました!

意外とうまくいってしまいまして・・・

これなら 今まで断ることはなかったのではないかと

                            後悔しきり!!

0fbf07ef7eeb40f869731ec49f227cf1

グッドイヤーのスポンジ底で仕上げ

          中敷が厚かったので 半分削って  完成!!

何事も挑戦ですネ!!!

 

 

 

その他の投稿

カワグチ靴店へのお問い合わせはこちらから

0155-23-6887
営業時間 9:30~19:30 定休日 水曜